イオンカードの申し込み審査で落ちない作り方

MENU

waon機能の付いたイオンカードの申し込み方法

 

イオングループは国内でスーパーやモールを展開しているほか、世界にも進出して活動範囲を広げています。品質を向上させたり、利用者の声から生まれたような製品も続々出品されており、地域にもずいぶん馴染んできました。

 

イオン系統を利用する利用客が愛用しているのが、カードに付いているwaon機能です。waonで支払いをするとポイントが貯まり、それを交換することでポイントをお金として利用することができるからです。

 

waonだけのカードも店頭で手軽に購入できますが300円必要になります。しかしイオンカードと一体型であればその費用は必要ありません。ではどのように申し込みできるでしょうか。

 

店頭で申し込む方法

 

イオン系の各店舗にはサッカー台またはサービスカウンターに長細いパンフレットが置いてあります。

 

申込書に必要事項を記入し、証明書と共に郵送します。または店頭で申し込むこともでき、その場合には通帳(銀行名、支店名、口座番号が分ればメモでも構いません)や届け印、証明書などが必要になります。

 

インターネットで申し込む方法

 

パソコンやスマートフォンからイオンカードの申請ページへアクセスし、必要事項を記入します。本人確認にはふた通りの方法があります。

 

一つは運転免許証など証明書を撮影し、アップロードする方法です。

 

もう一つは受け取り確認配達サービスを利用する方法です。
配達員に免許証、年金手帳、パスポート、健康保険証などの身元証明書を提示し、荷物を受け取ります。

 

申し込んだ後は審査結果とクレジットカードが届くのを待つだけです。

 

WAON一体型イオンカードが良い理由

 

キャンペーンが行われている時など申し込むと、ポイントが贈呈されます。
また毎月20日30日に開催されるイオンデーには5パーセント割引サービスが行われます。たくさん買い物したい場合などに特に助かるでしょう。

 

クレジットカードを使いたくない場合でもカードの提示だけで割引されますので安心して使うことができます。

 

多くの人に人気のイオンカード。waon機能と一緒に使えると本当に便利です。ミニストップやマックスバリューなど同系列でもワオンを使うことができますので、利用できる機会もとても多いということができるでしょう。

 

イオンデー以外にも特売日を設けていることもあり、地域に密着した便利なスーパーです。その特典を十分に利用することで家の家計を助けることができます。お財布も小銭だらけにならず、スッキリと持ち歩くことができますね。

 

オススメカードランキング

イオンカード(WAON一体型)の特徴

waon一体型となっているイオンカードはお得で便利なものとなっているので、クレジットカードを持っていない人やイオングループをよく利用する人であれば絶対に持っておきたいカードとなっています。 年会費がかからず作ることができますから、基本的なコストは掛からずそれでいてお得な特典がたくさんあります。

評価 評価5

イオンカード(WAON一体型・ディズニーデザイン)の特徴

イオンカードはキャッシュカードとクレジットカードそしてWAONが一枚になっているものや、特別なデザインのイオンカード(WAON一体型・ディズニーデザイン)などがあり、ディズニー好きの人にはそのようなデザインのものは好きなものです。 そのようなイオンカード(WAON一体型・ディズニーデザイン)ですが、クレジットカードであるため、申し込みの仕方や決済日などきちんと把握して、間違いのないように使わなければいけません。また、お得な情報なども知っておくことで、買い物も楽しく行うことができます。

評価 評価4.5

イオンカードセレクトの特徴

イオンカードセレクトとは、イオン銀行のキャッシュカードとイオンカード及びWAONの機能・特典が一体となったカードで、各カード毎の特典が一枚のカードで貰える便利でお得なカードのことです。 普通預金の通常金利に年0.1%上乗せ、給与口座に指定・利用しているときは、毎月10WAONポイントをプレゼントするほか、他行宛の振込手数料分は毎月1回216ポイント等を、さらに教育ローンは0.1%の金利優遇です。

評価 評価4

イオン首都高カード(WAON一体型)の特徴

現代では、電子マネー機能とクレジットカード機能を併せ持つ便利なカードが大きな注目を集めています。さまざまな種類がありますが、その中でも絶大な支持を得ているのが、イオン首都高カード(WAON一体型)です。 普段から首都高を利用している人にとって、非常にお得に車で走れるサービスとして喜ばれているのです。現金からのチャージはもちろん、クレジットカードからもチャージが可能ですので、使いやすいアイテムとして選ばれています。

評価 評価4

イオンカードWAONゴールドの特徴

ゴールドカードといえば年会費がかかるというイメージがありますが、イオンゴールドカードは年会費が永久無料です。 ゴールドになった特典は、最高3000万円の国内・海外旅行傷害保険が適用されること、イオンラウンジが無料で使えること、羽田空港のラウンジが無料で使えることなどがあります。 また、イオンカードでも特定の日はポイント2倍、お客様感謝デーにはイオングループでの買い物が5%オフという特典がありますが、ゴールド会員になるとポイントや割引の特典もグレードアップしています。

評価 評価3.5

 

イオンカードのwaonの口コミと評価

 

 

イオンカードでも口コミ人気が高いwaonは、可愛いわんちゃんのイラストもトレードマークになっています。イオンを利用するのであれば、イオンカードは持っていて断然お得ですし、電子マネーも大変便利なものです。

 

 

 

イオンカードのwaonとは

 

ショッピングのたびに、お得にポイントが貯まっていくスタイルの電子マネーです。カードに入金をしておくことで、ショッピングの際にはワンタッチでのお買い物が可能です。既にチャージがしてあるために、小銭を出す必要もなく手軽なお買い物ができます。

 

ショッピングの際に小銭を出す手間がなくなって、支払いもスピーディーになりますし、お得感も満載です。勘違いをしやすい点としては、waonカード単体には、クレジット機能は搭載していないということです。

 

イオンカードwaon行った緒方のタイプの場合は、クレジット機能を搭載をしています。クレジットカード一体型の場合ですと、クレジットカードでの申し込みが必要となってきます。

 

 

 

waonの利用方法

 

まずはカードに必要な分のお金を、チャージすることからスタートです。

 

会計レジに読み取り機が設置をしてありますので、ショッピングの際はリーダライタにカードをタッチします。するとワオンという音が聞こえますので、これでカードでの支払いが完了をした合図になります。

 

カードにチャージをする金額は、1,000円から10,000円と広く選んで入金できますので、ショッピングに合わせて入れておくことができます。

 

イオンカードとの一体型の場合は、支払いはクレジットカードでも、waonでも可能となります。

 

 

 

waonの基本について

 

発行をするには発行手数料が300円発生しますが、年会費は無料になります。購入条件に関しましては、利用者の年齢などに制限はありません。

 

時に個人情報を細かく登録をすることもないので、気軽な利用が開始できます。カード購入はイオンのお店でできますので、サービスカウンターなどを利用します。

 

カードのチャージできる上限の金額には決まりがあって、最高では50,000円になります。一部にカード入金上限が20,000円の対応がありますが、変更手続きができるために、変更をして50,000円まで引き上げることが可能です。

 

 

waonのついたイオンカードの作り方の方法は

 

 

イオンカードを利用するのであれば、waonとの一体型でクレジットカードを作ることで、何かと便利にショッピングをすることができます。

 

お客様感謝デーには割引にもなるので、お得なカード発行です。
イオンでよく買物をするのであれば、waonもついた便利なイオンカードを持っておきたいところですがこのカードの作り方は三種類の方法があります。

 

ひとつは家で申込用紙に記入をして郵送で作る方法に、ふたつめは直接イオンのイオンカード受付カウンターのような場所で作る方法です。
そして最後はインターネットから作る方法であり、それぞれ特徴があるので理解をして作ると便利です。

 

 

 

郵送で作るときには

 

イオンカードは店頭などに申込用紙が置いてありますから、家でゆっくりと記入をして作りたいという時に便利です。

 

書類をやり取りする費用にしても無料でおくることができる封筒が同封されているので、わずかな費用もかかりません。

 

他の人の目を気にすることなく作ることができる方法ではありますが、間違いを正してくれる人がいないということと書類に不備があるとカードが発行されてしまうまでに時間がかかるという問題があります。

 

そのため、郵送で作る場合には時間がかかるということとミスをしてはいけないということを覚えておきましょう。

 

 

店頭で作るとすぐにカードが

 

店頭でイオンカードを作るという方法もありますが、これは係の人がその場で書類の内容を確認してくれるので書類の不備があってカードの発行に時間がかかるということがありません。

 

人前で記入をしなければならないので、精神的にプレッシャーがかかってしまうという人もいるかもしれませんが、その点を我慢すれば間違いがなく安心な方法となります。

 

店舗によっては仮のカードをすぐに発行してくれて、その日のうちからイオンカードを使うこともできるのですぐに使いたい時に便利です。

 

 

 

インターネットからの申し込み

インターネットからイオンカードの発行の申し込みをするのは、人目を気にする必要なくしかもすぐに申し込みができるメリットが有ります。

 

こちらも郵送と同様に記入事項に間違いがないか確認をしてくれるという人がいない欠点はあるものの、郵送と違って申し込みが瞬時にできる分だけ対応も早いのが利点となっています。

 

インターネットからの申し込みだと書類をWEB上から送信をすることができますから、郵送よりも早くカードが発行されます。

 

 

 

このようにイオンカードを作るには3つの方法がありますが、どれも長所と短所があるのでカードを作ろうと思った時にはそれぞれの特徴を理解した上で、どの方法を用いて作るのが一番いいかを考えて申し込みをすると良いでしょう。

 

waonもついてて便利なイオンカード

 

 

イオンカードは年会費が無料でwaonも付いているので、非常に便利なクレジットカードとなっています。

 

特に近所にイオングループがある人は持っていて損がないどころか、持っていないと損をしてしまうほどの優秀なカードとなっていますから、すでにメインで使っているカードが有るという場合にもイオングループを利用する機会が多いのであれば作ってみると良いでしょう。

 

 

 

とりあえず作る価値がある

 

イオンカードは無料で作ることができて、年会費がかからないので維持費もありません。

 

そのため、とりあえず作っておくだけの価値が高いものとなっています。

 

使いもしないカードに維持費をかけるのは馬鹿らしいものですが、維持費がかからないのであれば持っておいて損はなく得する場面だけ使うことができるので便利です。

 

そのため、まだカードを持っていない人が最初に作るものとして適していて、すでにメイン使用のカードが有る人も作るだけの価値はあります。

 

 

 

年会費が無料でも特典は大きい

 

イオンカードは年会費が無料にもかかわらず、特典が大きいのも魅力のひとつであり特に毎月20日と30日はお客様感謝デーとなっていて、イオングループで5パーセントオフで買物をすることができます。

 

一般的にクレジットカードは1パーセントでも高還元率と言われますから、5パーセントオフとなればかなりの高還元率ということになります。

 

日にちが限られていると行っても、スーパーでは決まった日にまとめ買いをする人も多いものですから、この日に合わせて買い物を見合わせておけば得をすることができます。

 

waonもついていて便利

 

イオンカードはwaonと一体型のものもあり、これがあればwaonを使うこともできます。

 

普通にイオングループで買物をする場合には、カードで支払えば良いだけなので利点はそれほど大きく内容に思われるかもしれませんが、waonは使えるけれどもカードは使うことができないという時に便利です。

 

waonでの支払いは決済の手間がかからないだけでなく、ポイントも付与されますからカードが使用できない場所であってもポイントをお得に貯めることができるので節約をすることができます。

 

イオンカードはイオングループを利用することが多い人であれば、得をすることしかないので持っていて損をすることはありません。

 

今の時代は少しでも節約をしたい時代となっていますから、このようなお得なカードを上手に使って節約をしてみるのも良いでしょう。

 

waon一体型のイオンカードの審査落ち対策をするには

 

 

waon一体型イオンカードは、イオンや提携店舗で利用した場合に、クレジットカードのポイントや、電子マネーのwaonのポイントも貯められます。

 

買い物をするにも所定の日に割引がされますので、関連の店舗で購入する機会の多い方は、持っておきたいカードとなるでしょう。審査落ち対策をするには、どうすればよいのでしょうか。

 

 

 

信用情報を良好にしておくこと

 

審査落ち対策の1つとしては、他の借入や分割契約、クレジットカードの返済で遅延を繰り返したり、3ヶ月以上の滞納をしていないことです。

 

遅延は2年程度で消去されますが、滞納の記録は、5年は残されます。また、債務整理をした後は、信用情報の記載がありますので、その期間には申し込みをしないことです。目安としては、5年から10年程度となります。

 

そして、イオンカードの取得を焦るあまり、何度も申し込みをすると申し込みブラックとして記載されます。

 

最低でも6ヶ月以上の間隔を空けて手続きをするといいでしょう。その間に収入を上げるようにしたり、借入等の金額を少なくすれば、取得できる可能性が高くなるでしょう。

 

 

 

利用目的をショッピングに絞る

 

申込書は、間違えずに正確に記載しましょう。1つ気をつけるとすれば、利用目的の書き方についてです。

 

ショッピング利用か、キャッシング利用か当てはまるところに記載するのですが、キャッシング利用のチェックは外し、ショッピング利用のみにとどめておく方が無難だと考えられます。

 

緊急の時に備えたいという軽い気持ちであっても、キャッシング利用を希望するとなると、お金に困っているのではないかとあらぬ疑いをかけられる心配がありますし、waon一体型であり、イオン系列の店舗での優遇特典が多いことから、ショッピング利用を中心に考えていると推測されます。

 

審査に通った方の口コミとして、ショッピング利用だけにした方でも、キャッシング枠がつけられていたというものも見られます。

 

 

 

無職の方が取得するには

 

イオンカードはイオン銀行が発行するカードです。専業主婦やアルバイトをしていない学生でも配偶者や家族に収入があれば、申し込むことができますし、総量規制対象外のため、少額であればキャッシング枠が付いていることもあります。

 

年金生活者の方も、年金が安定した収入と見られますので、申し込みができますし、高年齢者用のwaon一体型イオンカードに加入できる可能性があります。

 

ただ、全く無収入の状態では、審査に通過することは難しいので、急いでアルバイト先を探すか、家族に頼んでイオンカードの家族カードを作るかするといいでしょう。

 

 

 

waon一体型のイオンカードの審査落ち対策は、トラブルがなく、申込書の書き方を気をつければ、否決を回避できる可能性が高くなります。

 

インターネットからでも申込できますので、検討してみるといかがでしょうか。