waon一体型イオンカードの追加サービスについて

MENU

waon一体型イオンカードの追加サービスについて

 

waon一体型イオンカードは、かつてはイオンの店舗でクレジット決済か、前もってチャージをして電子マネーで代金を支払わない限りはポイントが付きませんでした。

 

しかし、2016年の6月に新しいWAON POINTカードが登場したことに伴い、waon一体型イオンカードにも新しい追加サービスが加わりました。

 

新しく登場したWAON POINTカードについて

 

2016年に新しく登場したWAON POINTカードの一番の特徴は、イオンでショッピングをして現金で会計をしても、WAON POINTカードを提示するだけで200円ごとに1waonポイントが貯められるということです。

 

そのため、いちいちチャージをしたり、クレジット決済にしなくても、手軽にポイントを貯められます。

 

前もってチャージをするためには、1,000円単位で行う必要がありますので、使いきれない分がいつまでも残ってしまうということが起こりがちでした。

 

そして、クレジット決済だと現金が減らないため、ついつい使い過ぎてしまうという問題が起こりがちです。

 

現金で会計してもポイントが貯まれば、1,000円以下の、ちょっとした買い物でも無駄なくポイントが貯められます。

 

waon一体型イオンカードの追加サービス

 

 

WAON POINTカードが新しく登場したことに伴って、waon一体型イオンカードにも、WAON POINTカードと同様の機能が追加サービスとして加わりました。

 

つまり、WAON POINTカードとも一体型になったイオンカードに変化したという訳です。

 

そのため、イオンでショッピングをしたら、わざわざクレジット決済にしたり、チャージして電子マネーを使わなくても、普通にwaon一体型イオンカードを提示してから現金でお会計をするだけでポイントが貯まります。

 

ここで注意が必要なのが、貯まるのは、ときめきポイントではなく、waonポイントであるということです。

 

決済方法を上手く使い分けて効率よくポイントを貯める

 

気をつけないといけないのは、イオンでショッピングをしたときにクレジットカード決済をすると、ときめきポイントが200円につき2ポイント付くのに対し、イオンでショッピングをしてイオンカードを提示して現金で支払っても、waonポイントは200円につき1ポイントしか付かないということです。

 

高額なショッピングはクレジット決済、1,000円以下のショッピングは現金でなどという風に決済方法を上手く使い分けて、効率よくポイントを貯めるのが、追加サービスのメリットを最大限に生かすコツとなります。