waon一体型のイオンカードと別のカードとの比較

MENU

waon一体型のイオンカードと別のカードとの比較

 

waon一体型のイオンカードは、WAON POINTカードや電子マネーWAONカードと比較するとポイントの貯まりやすさに違いがあります。

 

WAON POINTカードについて

 

WAON POINTカードは、2016年の6月に新しく登場した現金払いでも、カードを提示するだけでポイントが貯まる新しいカードです。

 

基本ポイントとして、お買い上げ金額、200円ごとに1waonポイントが貯まります。

 

また、ボーナスポイントの対象となっている商品を購入するときに、カードを提示すると、基本ポイントに加えて、さらにボーナスポイントが貯まります。

 

1waonポイントは1円に相当します。

 

電子マネーWAONカードについて

 

電子マネーWAONカードは千円単位でお金をチャージして使う必要があります。

 

基本ポイントとして、電子マネーとして支払ったお買い上げ金額の200円ごとに1waonポイントが貯まります。

 

ボーナスポイントもWAON POINTカードと同様に貯まりますが、電子マネーとして購入する必要があります。

 

基本ポイントやボーナスポイントに加えて、その月のお買い上げ金額500円ごとに1waonポイントがプラスされます。

 

この追加ポイントが、電子マネーWAONカードを利用するメリットということになります。

 

waon一体型のイオンカード

 

 

イオンカードは、イオン以外の店舗でクレジットカード決済で、お買い物をした場合、お買い上げ金額の200円ごとに1ときめきポイントが貯まります。

 

1ときめきポイントは1円に相当します。

 

また、イオンの店舗でクレジット決済で、お買い物をした場合は、お買い上げ金額200円ごとに倍の2ときめきポイントが貯まります。

 

waon一体型のイオンカードには、クレジット決済だけでなく、チャージをして電子マネーカードとして使うことができ、電子マネーWAONカードと同じようにお買い上げ金額ごとの基本ポイント、月ごとの利用金額ごとに貯まる追加ポイント、対象商品を購入したときに貯まるボーナスポイントがwaonポイントとして付けられます。

 

また、イオンの店舗でクレジット決済をせずに、現金でお支払いをしてイオンカードを提示すれば、WAON POINTカードと同じように基本ポイントや、ボーナスポイントがwaonポイントとして貯まります。

 

このように、waon一体型のイオンカードは、WAON POINTカードや電子マネーWAONカードと比較すると、三通りの方法でポイントが貯まり、非常にお得であることが分かります。